カウパー旅行記

第一、短小国(ミニチンポ)

1 大勃起

 私はいろいろ不思議な国を旅行して、さまざまの珍しえっちな習慣を見てきた者です。もちろん、人のセックスを覗き見することほどこの世に面白いことなどありはしません。人のセックスを笑うなと申せども、セックスを見られていることに気づかなければ、セックスを笑うなと異議の申し立てをすることもできはしないのです。おっと、申し遅れました、名前はトビデル・カウパーと申します。
 まだおちんちんがぷにぷにの包茎の子供のときから風俗輸出船、といってもこれは風俗嬢あを海外に運ぶ奴隷船のようなものではなく、風俗情報載ったエロ本とかを海外に輸出する立派な交易のための船であります。それに乗ってえっちな文化が盛んであり、たとえばオヘンロ・ダジョではお遍路にでた尼さんの、僧職なれどもえっちな雌の体は捨て去ることができないのでありまして、そのえっちな肢体を壁画に刻み込んだフェチ地蔵があると聞き及んだものですから、もうおちんちんがふっくらしてきてしまって、それはもう……。そういうわけで、日本とは違ういろいろ様々えっちな風習がある外国へのあこがれは頭で理解している分とおちんちんが惹かれているぶんの、いうなれば人二倍の欲があったわけです。そういうえっちな憧れ故に海外へはいつもいつも行ってみたいと思っていたので、シ航海(船揺れにも負けず強い気持ちでオナニーする技術。これがないと遠洋の気圧の乱れできんたま吹き飛んでだいたいしぬ。)や、アーユルヴェーダなどをひもといてえっちなM性感技術などを体得いたししました。 一九一九年の八一〇月、私は『キモティカ号』に乗って新日暮里の港から出帆しました。船がニルヴァーナに向かい完全なる魂の平穏に至るさなか、あまりに風俗狂いがあつまりザーメンのポテンシャルがたかまったことにより場のエントロピーが飽和して次元ごと海が崩壊しだし、風俗狂いたちは大そう射精していました。なにしろ次元の崩壊で現れたのは真空ですから、宇宙法則がバキュームフェラしかけてきているようなものです。これで射精しない風俗狂いは、風俗狂いと呼べないでありましょう。

やて、八五八五月八九三日のことです。ひどい動画の中を風俗交易船は前へ前へgoing my way、明日へ向かって進んでいました。そのザーメン蒸気(風俗狂いの中で放出されずに溜まったザーメンはきんたまの中で巡回・粒子が加速され、一日もすれば射精の威力は114514海里四方の海を蒸発させる凶悪なものとなる。だから風俗狂いたちは定期的に射精しないと世界の存亡にかかわるのである)のために、大きなディルドが、すぐパイパニック号の前にヌッ! とあらわれれてくるまで、だれも気がつかなかったのです。ゲスゥイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です